<5月の休業日>                     (5月14日更新) 

 9日(火)、11日(木)、17日(水)、18日(木)、24日(水)、25日(木)
  21日はlotus dayの為、15時頃からの営業となります
  
  
<5月の予定>

 5/20(土)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 5/21(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 5/21(日)lotus day → 5月はロードバイクで走ります
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2014年10月14日
横浜で行われたライトウェイさんの展示会の続きです。
今回はGT編です。

GT_Bicycles108.jpg

DSCF2018.jpg

FURY EXPERT(¥458,000-税抜)
ワールドカップで敵無しのアサートン3兄妹が乗るDHバイクです。もう何も言うことが無いDHバイクです。
これに乗るとジーやレイチェルのように速く走れる、かもしれません。


DSCF2019.jpg

SENSOR COMP(¥238,000-)
前後に130mmストロークのサスペンションを備えたバイクです。里山走りから軽くパークを走るぐらいなら十分なバイクです。


DSCF2020.jpg

HELION COMP(¥208,000-)
サスペンションが前後110mmストロークなので、上のSENSORよりは少しクロカンよりの位置づけのバイクです。

遊びたければSENSORを、しっかり走りたければHELIONシリーズを選ぶのがいいと思います。
それぞれカーボンフレーム仕様から一番下のモデルのCOMPまでラインナップは幅広いので、好みで選べばいいと思います。
COMPを選んでもパーツ構成に何も問題がないので、このまま山に走りに行っても十分に楽しめると思います。


DSCF2021.jpg

ZASKER COMP(¥158,000-)
Deore&SLX仕様のハードテールバイクです。当然エアサスなので、里山で楽しむにはもってこいのバイクです。


DSCF2022.jpg

ZASKAR SPORT(¥128,000-)
Deore仕様のハードテールバイクで、これもエアサス仕様です。この価格帯から下のバイクはフロントサスペンションが
コイルスプリング仕様になります。なのでこのバイク以上を乗るのがお勧めです。


マウンテンバイクがメインのGTですが、このGRADEシリーズは28Cのタイヤを履いたグラベルロードです。
グラベルロードというのはロードレースに使うロードバイクではなくて、舗装路だけでなく未舗装路も走ったりツーリング的に
使うのに適したロードバイクです。日本だと通勤ライドなんかにも向いていると思います。
「クロスバイクよりも速く走りたいけど、ロードレースにはあまり興味が無い。でもロードバイクに乗りたい」というような
人にはもってこいのバイクだと思います。

DSCF1345.jpg

GRADE ALLOY CLARIS(¥98,000-)
ラインナップは多いのですが、このモデルはコンポにクラリスを使った一番リーズナブルなモデルです。
一目でGTだと分かるトリプルトライアングルのフレームは、ロードバイクにも継承されています。


DSCF1390.jpg

GRADE ALLOY 105(¥158,000-)
マットグレーのフレームに、迷彩のストライプが入っています。シックだけど派手で、他には見かけないカラーリングは
なかなかかっこが良かったです。105仕様なので、走りも何ら問題がありません、

GTのロードバイクはマウンテンバイクのイメージが強すぎて正直イマイチでしたが、このGRADEシリーズはフレームデザインも
洗練されてて、今までのイメージを覆すいいバイクに仕上がっていると思います。
これなら自信を持って勧められますね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: