<10月の休業日>                     (9月30日更新) 

 4日(水)、5日(木)、12日(木)、18日(水)、19日(木)、26日(木)
   11日は14時からの営業となります

  
<10月の予定>

 10/ 7(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 10/14(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 10/ 29(日)lotus day ロードバイクで走りに行きます  
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2014年11月02日
フェルトのエアロロードのAR5を納車させてもらいました。



DSCF2131.jpg

空力重視のエアロロードのAR5です。
横ら見るとボリュームのある翼断面のフレームと同形状のシートピラー、リアブレーキがいつもの場所に付いていないのが
外見の特徴でしょうか。ノーマルのロードと比べるとずいぶん違って見えます。
コンポは11速の105のフルセットです。フルセットじゃないと見劣りしますから嬉しい仕様です。


DSCF2134.jpg

フレームが太く見える(見えるだけ)ので重そうに見えますが、ペダルレスの実測で8.11kgだったのでノーマルのフレームの
F5と比べても100g重くなるだけです。100g差ならエアロロードを選ぶのもアリですね。
ボリュームのあるフレームに、フェルトらしいカーボン地を出したブラック基調のカラーリングが精悍さを高めています。


DSCF2119.jpg

シートチューブとタイヤのクリアランスも極力ゼロになるように作ってあります。
見ての通り、リアブレーキはいつもの場所に付いていません。105のフルセットなので、当然クランクは4アームの105の
クランクがセットされています。


DSCF2141.jpg

剛性と整風フィンを兼ねたボリュームのあるヘッド周りです。フォークの根元もフィン状になっていて、整風高価を高める
ようになっています。
Di2互換フレームなので、将来グレードアップするのにも問題ありません。現状ではパーツよりフレームが勝っているので
どんどんグレードしてほしいものです(笑


DSCF2125.jpg

ヘッド部を前から見ると糸巻き型にくびれていて風を逃がすようになっていて、横からの姿とは全く逆になっています。
なかなか美しいヘッドのラインです。


DSCF2144.jpg

ボリューム感たっぷりのBB周りです。リアブレーキは105のダイレクトマウントブレーキがBB下に付きます。
ブレーキの整備性は悪いのですが、ブレーキはこの位置に付く方が個人的には好みです。


一昔前なら「エアロロードは平地はいいけど、重いから登りは不利」と言われていましたが、フレームの性能が上がったので
今のエアロロードは重くはありません。横剛性はノーマルフレームより少し落ちますが普通の人なら無視できるレベルだし
エアロ効果の恩恵の方が大きいと思います。この辺りが昨今のエアロロード人気の理由ですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: