<6月の休業日>                     (6月2日更新) 

 8日(木)、13日(火)、15日(木)、22日(木)、29日(木)
     
  
<6月の予定>

 6/11(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 6/24(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 6/25(日)lotus day(6月はオンロードを走ります)
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2015年04月08日
シマノが11SのXTRを発売してからフロントシングルという選択が普及してきた、と言うか
やっと1×10や1×11の存在が知れ渡ってきた気がします。

ロードバイクならある程度選択するギアの組み合わせは決まってきますが、マウンテンバイクの場合は使い方走り方によって
色々な使い分けや選択肢があります。個人的にはXCレース仕様ならフロントダブル、里山遊びならフロントシングルが
使いやすい気がします。
つい最近まで当たり前だったフロントトリプルは万能で便利ですが、多段であるデメリットがない訳ではありません。
その答えがフロントシングルという訳ですが、これも万能という訳ではありません。考え方や使い方の違いですね。

DSCF2809.jpg

このバイクはフロントは34Tのシングル、リアは最後を42Tにして、10速でフロントシングル化をしています。
「登れない激坂は押すから」ということで、ギア比的には中速に合わせて歯数を選んでいます。足がある人だから
これでもそこそこ登れるとは思います。


DSCF2814.jpg

正規ディーラーの証として、コメンサルの創業者で社長のマックス・コメンサルさんのサインを頂きました。
自転車メーカーに限らず特にアメリカ系の会社はとてもドライなので、会社が買収されたり、社長が会社を売却したり
社長が会社を追い出されたり、社名だけが幽霊のように生き残ってたり、投資会社が複数の自転車メーカーを所有してたりと
すごく複雑怪奇なのですが、コメンサルは創業者であるマックス・コメンサルが現在もアンドラ公国を拠点にして
会社の舵取りを行っています。

どうでもいいじゃないかと思うかもしれませんが、趣味のモノを作る会社である以上、誰が会社の舵取りをするかというのは
とても大事なことだと思います。潰れかけてたアップルを立て直したスティーブ・ジョブズなんかがいい例だと思います。
「目に見える人」ということが大切なのです。

せっかくなので安い白木の額を買ってきて、アメリカのバターミルクペイントというアーリーアメリカンな塗料で塗装し
汚しを入れてエイジング加工してアンティーク風に仕上げてみました。
いい感じに仕上がったと思うのですがどうでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: