<5月の休業日>                     (5月14日更新) 

 9日(火)、11日(木)、17日(水)、18日(木)、24日(水)、25日(木)
  21日はlotus dayの為、15時頃からの営業となります
  
  
<5月の予定>

 5/20(土)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 5/21(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 5/21(日)lotus day → 5月はロードバイクで走ります
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2016年10月18日
フレームをガラスコーティングしました。

arcbaria_02.jpg

自動車に乗る人なら知っていると思いますが、最近は塗装にワックスを塗らずに
塗装面にガラスコート剤でコーティングすることが増えています。

新車の輝きが5年続き、普段はワックス不要、水洗いのみでOKというのが
よくあるうたい文句ですね。
街中で見かける自動車で、妙にピカ〜っと輝いて見える自動車はコーティングを
してある自動車です。塗装に注意して自動車を見ると、コーティングしているかどかは
一目でわかりますよ。

こんなガラスコーティング剤ですが、自転車のフレームにも使えます。
同じ塗装ですから流用できるのは当たり前ですね。
最近流行ってるみたいなので、オートバックスなんかでは売っていない
もうすこしちゃんとしたガラスコーティング剤を使ってやってみました。


まずはフレームについている部品を全て外して、フレームだけの状態にします。
次は極細のコンパウンドとポリッシャーでバフがけ。こういうのは下地が命です。
下地が悪いと仕上がりに影響するので、指で塗装面を確認しながら磨きます。
バフがけが終わったらディグリーザーで表面の油分を脱脂します。
ここまで下準備をしたらガラスコート剤の塗布。コート剤が余っても仕方がないので
3回塗っています。

何でもそうですが、普通は塗装して、その上からクリアを塗装します。
クリアを塗ると光の反射率が上がるので、塗装が綺麗に見えるからです。

物体に反射した光を「目」が感じることで、人間は色を認識します。
暗闇で目が見えないのは、光が無くて反射しないから。つや消し塗装というは
表面のクリア層が無くて光の反射率が落ちるので、ダークな感じに見えるのです。

007.jpg

塗装の上にクリアを塗っても、そのままではクリアの表面に微妙な凹凸があって
光が乱反射して、目に届く光の量が落ちます。コンパウンドでポリッシュすると
クリア層の微妙な凹凸がなくなって、光の反射量が増えます。なのでより塗装が
綺麗に見えるようになります。

ポリッシュして塗装面を整えるだけでも塗装が綺麗に見えるのに、その上からガラス層で
コーティングするのだから、塗装が綺麗に見えるのは当たり前ですね。
塗装面が平らなガラス層なので、汚れがついても落ちやすいというのも見逃せません。

DSCF3434.jpg

こんな感じで仕上がりました。
ツルツルピカピカで、作業をした自分が驚くぐらいの仕上がりになりました。
やはりワックスなどと違って、ガラス被膜の効果で塗装に深みが出る感じです。

興味がある人はお問い合わせください。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: