<4月の休業日>                     (4月7日更新) 

 6日(木)、13日(木)、18日(火)、20日(木)、27日(木)
     
  
<4月の予定>

 4/8(土)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 4/15(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 4/23(日)lotus day(4月はオンロードを走ります) → 京見峠方面
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2017年01月06日
年末に久しぶりにCRを走って気づいたことは
『デイライトを使っている人が増えたな』でした。
意識の高い人は使い始めてますね。

デイライトとは、昼間もライトをつけて走ることで視認性をあげて
事故を防ぎましょうということです。自動車やオートバイの世界でも
推奨されています。日中でもライトを点けて走っている人を見ると
視認性が全く違うのは誰が見てもわかると思います。

デイライトにはどんなライトがいいかというと、普通のライトでもOKです。
要は走行時間とバッテリーの持ちのバランスだけです。充電式や乾電池式でも
エネループなどの充電池を使うとランニングコストは微々たるものなので
事故のリスクを減らすために、デイライトは絶対に導入した方がいいと思います。


DSCF3659.jpg

ステム前にサイクルコンピューター
右にDi2のサテライトスイッチとベル
左にメーターマウントとライト

自分のロードバイクの今のハンドル周りです。
5つも色々付けている割にハンドル周りがすっきり見えませんか?
ポイントはハンドルの上に付けずに、前に下に付けることです。


DSCF3657 (1).jpg

正面から見るとこんな感じ。
すっきりしてるでしょ。これなら上ハン持っても邪魔になりません。


volt800_04.jpg

ライトはハンドルの上につけるように作られていますが、天地を逆にして
ハンドルの下にぶら下げるように付けると目立ちません。サイクルコンピュータも
マウントを使ってハンドルの前に付けると目立ちにくく、見やすくなります。

ライトは2号機が貸したまま帰ってこないので3号機です。マウントを自作して
横型のライトを縦型に使えるようにしていますが、即席で作ったのでもう少し
改良の余地ありますね。
2017年新春、遅ればせながらデイライトデビューします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: