<12月の休業日>                     (12月1日更新) 

 4日(月)、7日(木)、14日(木)、18日(月)、21日(木)、25日(月)
   年末年始の休業日は未定です

  
<12月の予定>

   12/9(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 12/10(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
   

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2017年03月08日
今年は寒い冬でしたが、最近は日中の気温は上がってきたし
日が落ちるのも遅くなってきました。季節は春に向けて進んでいます。

さて、3月になると多いのが『転勤』です。今年も何人かが
わざわざ挨拶に来てくれました。残念ですが仕方がないですね。

この時期に聞かれるのが、引越しに伴う『自転車の配送』です。
送料に何千円もかけて送るのはもったいないので、輪行袋を買って
自分で輪行したら?って言います。
ちなみに大阪から東京へ自転車を送ると、4000円ほどかかるので
それなら5000円で輪行袋を買うほうが誰が考えてもお得なのです。

ちなみに自分の輪行袋は30年ものです。あちこち破れて補修していますが
愛着があるので買い変える気になりません。ボロの方がかっこいいですしね。
こんな感じで、一つあれば一生ぐらい使えるのが輪行袋なのです。

多くの輪行袋が発売されていますが、『輪行経験者ならこんなの売らないよな』って
つい思いたくなる輪行袋はたくさんあります。輪行袋の老舗メーカーは頭の中が
30年前と同じで古い考えのまま、新興メーカーは見た目はいいけどツメが甘い
こんな感じでしょうか。
ってことで輪行袋の選び方です。

条件は一番多いであろう『電車や国内線の飛行機を利用』『自分で運ぶ』
ということにします。海外は別ですよ。
ちなみに雑誌は欠点があっても良いように書きますから、あてになりません。

まずは『前後のホイールを外すタイプ』であることが一番ですね。
前輪だけ外すタイプは一見簡単そうだけど、電車内で輪行袋の置き場所に
間違いなく困ります。後輪はコツをつかめば簡単に外せます。


cycb0050_mobile03 (1).jpg

縦型はバッグが縦長になるので階段の上り下りで輪行袋の下をぶつけやすいし
何より最悪なのは、ディレーラーを保護する重たい金属製のエンド金具を
付けないといけないこと。この金具は重くて邪魔だし、走るのには必要ないし
無駄な荷物が増えるだけです。 
電車内ではコンパクトに置けそうだけど、実際は置くとバックが斜めになるので
見た目ほどはコンパクトに置けません。
個人的には嫌いなタイプなんですが、なぜか種類が一番多いタイプです。


parts_detail01_5_3l.jpg

横型のメリットデメリットは、縦型の逆ですね。
ひっくり返してバッグに入れるので、繊細なディレーラーやフォークエンドが
上にくるのがポイントです。縦型よりは置き場所を取りますが、最近の電車は
ドア周りが広く作られているのでよしとします。縦でも横でも邪魔になるのは
それほど変わりないですからね。


肩にかけるショルダーベルトは、バッグにベルトが縫い付けてあるタイプは
一点荷重で生地が破れそうだし、自転車に直接ベルトを付けるタイプは
フレームにスリ傷が付くし、フレームとホイールがバッグ内で暴れたりして
間違いなくフレームのキズの原因になります。
なので、ベルトがぐるっと外回しでバッグ全体を包むのがベストだと思います。


www.trisports.jp.jpg
Premier かんたん輪行袋(¥4,968-)

価格がそこそこで、使わない時はコンパクトにたためて、『前後輪を外す』
『上下逆に入れる横型』『外回しのベルト』というキーワードで輪行袋を探すと
この輪行袋しかありません。実はもう一つあったのですが製造会社が無くなったので
本当に(多分)これしかありません。


P1060697.jpg

バッグの左右にホイールを入れるポケットがあります。真ん中にフレームを入れて
左右のポケットにホイールを入れて完了。ポケットのおかげでホイールとフレームが
直接干渉しないので、傷が付きにくくなっています。フレームとホイールをベルトで
止めなくてもいいので、パッキングはすごく簡単ですよ。


P1060698.jpg

ポケットの分だけ生地が多いので小さくは畳めませんが、走行時はサドル下に
輪行袋を付けれるように、収納袋にストラップが縫い付けてあるので
サドルバックの要領で輪行袋を持ち運べます。

輪行袋を使いこなせば、行動範囲はぐっと広がりますよ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: