<10月の休業日>                     (9月30日更新) 

 4日(水)、5日(木)、12日(木)、18日(水)、19日(木)、26日(木)
   11日は14時からの営業となります

  
<10月の予定>

 10/ 7(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 10/14(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 10/ 29(日)lotus day ロードバイクで走りに行きます  
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2017年05月23日
先日NEILPRYDE(ニールプライド)のゼファーを納車させてもらいました。
入荷に時間がかかってしまいましたが、その分十分に満足してもらえるかと思います。

np_logo_blue.jpg

DSCF3771.jpg

フレームカラーはブラックベースにブルー、個性的な配色ですね。
コンポは端から端まで105です。
カーボンは東レのT700と46tのミックスで、T700は柔らかいのでしならせる場所に
硬い46tは剛性が欲しい場所に使っています。


DSCF3772.jpg

ゼファーはニールプライドの他のモデルと違い、フレーム重量は少し重いものの
その分乗り心地を優先させたエンデュランスモデルです。なのでレースに使うよりは
ロングライドやツーリング的に使う方が、フレームの特性に合っています。


DSCF3773.jpg

真鍮ベルとアルミ削り出しボディーのライト、こういう小物はなるべくプラスチックを
使っていないものを使うと高級感が出ます。プラスチックが悪い訳ではありませんが
やはり安っぽく見えてしまいますよね。それぞれコンパクトなものを選んでいますが
スペース的にはいっぱいなので、マウントを併用した方がいいかもしれません。


DSCF3774.jpg

リアを積極的にしならせるための細いリア三角、タイヤは28Cまで入ります。
非レース派には嬉しい特徴です。


DSCF3779.jpg

スッと後ろに伸びたリアエンド。カーボンフレームの美しい造形もさることながら
これも乗り心地の貢献します。
これでゼファーは何台目かな?いいフレームだから自信を持ってお勧めしている
のもありますが、それにしても今季はよく出ます。

各社からそれこそ山のように多くのカーボンフレームが発売されていますが
「いいカーボンフレーム」はフレーム単品でも発売されています。これが一番簡単な
見分け方ですね。他にもいろいろあるのですが、書きにくい大人の事情もあるので
あえて書かないでおきます。直接聞いてください。


NEILPRYDE(ニールプライド)はまだ若いブランドで北米やヨーロッパのブランドと
比べると知名度は少し落ちるかもしれませんが、その分価格はリーズナブルです。
何と言っても東レの46Tと60Tのカーボンを使ったトップエンドのフレームである
BURAsl でも40万しませんから。個人的にはこれ以上フレームにお金をかけるなら
ホイールにお金をかける方がいいと思います。

ニールプライド、どのモデルも自信を持ってお勧めできます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: