<8月の休業日>                     (8月1日更新) 

 3日(木)、10日(木)、17日(木)、24日(木)、31日(木)
  お盆の期間中も通常通りに営業します

  
<8月と9月の予定>

 8/ 6(日)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 8/19(月)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 8/27(日)lotus day(オンロードを走る日です)
 
 9/24(日)lotus day 『敦賀輪行海鮮丼ツアー』


  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2017年05月24日
井村屋の「スポーツようかん」が入荷しました。

goods_bnr_sport.jpg

DSCF3812.jpg

井村屋の『スポーツようかん』は、羊羹タイプのエネルギー補給食です。
味は補給食にありがちな人工的?な感じではなく、羊羹そのものの味と食感で
まあ日本人なら嫌いな人はいないであろうと思います。
食べやすいように甘みは少し抑えてあり、エネルギー補給の特徴の違う2つの
ラインナップがあります。

自転車で真面目に走ると、1時間で500kcal 以上のエネルギーを消費します。
なのでどんどん食べないと、ハンガーノック(シャリバテ)になってしまい
パワーが出なくなってしまいます。
自転車はムシャムシャ食べながら飲みながら走るというのが基本、食べながらする
スポーツって自転車ぐらいかなぁ?

今ならコンビニでおにぎりやドーナツなんかを気軽に買えますが、食べる量が多いと
胃に負担がかかって逆効果で、少量を何回も食べるのが正解です。エネルギー補給食は
少量でも効率的にエネルギーが補給できるように考えてあります。


DSCF3811.jpg
スポーツようかん(171kcal / 60g)

1本でごはん約1杯分(171kcal)のエネルギー補給と、約0.2gの塩分補給が可能で
北海道産小豆と淡路島の藻塩を使い、食品衛生法で対象とされるアレルギー物質を
含んでいないので安心して食べれるし、パッケージもコンパクトです。
メインに食べるなら、こっちの方がオススメですね。


DSCF3810.jpg
スポーツようかんプラス(113kcal / 40g)

1本で 113kcal のエネルギー補給ができて、体にゆっくりと吸収される
持続性エネルギー糖質(マルトデキストリン・パラチノース)を配合しているので
エネルギー量は低いですが、上質な糖質を使用しています。


P1060969.jpg

スティックを押すとムニュって中身が出てくるので、片手で食べれます。
普通の人がおやつとして食べても「うまい」と思う羊羹です。

登山だと自分の父親世代ぐらいの人は、行動食に羊羹というと「懐かしい」と
思うかもしれません。それぐらい羊羹は行動食/補給食としてメジャーだったのですが
昔からある羊羹を現代風にアレンジした井村屋さんのアイデアには脱帽ものです。


どちらも 1本108円(税込)という価格も魅力です。
こういうエネルギー補給食は、だいたい1つ250円ぐらいが相場ですからね。
108円ならさほど値段を気にせず食べれるかと思います。

食べ方ですが、お腹が減る前に食べてください。お腹が減ってから食べるのでは
タイミングが遅すぎで、「1時間走ったら何か食べる」という感じがいいと思います。
自分も大昔に経験がありますが、ハンガーノックになると何を食べても力が出ず
身体がしぼんでいくように力が抜けていきますよ・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: