<9月の休業日>                     (9月1日更新) 

 6日(水)、7日(木)、14日(木)、21日(木)、24日(日)、28日(木)
  
  
<9月の予定>

 9/ 9(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 9/10(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 9/24(日)lotus day 『敦賀輪行海鮮丼ツアー』  
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2017年07月04日
Spray.Bike(スプレーバイク)というフレームなどの自転車パーツの塗装に
特化した「缶スプレー」が発売になってます。

logo_spraybike.jpg

DSCF0193.jpg

究極のバイクカスタムはフレーム塗装、カスタムペイントでしょう。

パーツはお金があれば何でも買えますが、工業製品は絶対に他人とかぶります。
ところが塗装は組み合わせが無限大なので、他人とかぶることがありません。
なので自分だけのカスタムが可能なのです。
完成車メーカーでも色などを選べるセミオーダー的なフレームもありますが
所詮は決められたパターンから選ぶので、100%オリジナルにはなりません。
なので最後は『塗る』しかないのです。

Spray.Bikeの缶スプレーは、ギリシャの塗料メーカー「Cosmos Lac」と
2年を掛けて開発した缶スプレーで、原液をやや重めにして液ダレしにくくし
しかも超速乾性というパウダーコーティングタイプの缶スプレーです。
『フレームですら自分で塗ってしまおう』というのがDIYの精神が根付いている
白人の発想です。日本人じゃ思いつかないし、製品化も難しいと思います。
なのでSpray.Bikeもイギリスの会社です。


DSCF0192.jpg

なかなかパッケージが洒落ていて、缶スプレーには見えません。
どれも1本1,728円と意外と安いです。塗料について知らない人はホームセンター等で
売ってる安いラッカー系の缶スプレーと比べがちですが、この缶スプレーは
パウダーコーティング(粉体塗装)缶スプレーで、よくあるラッカー系のスプレーとは
中身がまるで違います。
塗装としては知ってたけど、パウダーコーティングの缶スプレーは初めて知りました。

自動車の塗装はパウダーコーティングとか2液ウレタン塗装なので、仕上がりのツヤや
耐久性、柔軟性に優れていて、塗装の王様と考えてもらっていいと思います。
すごく特殊な塗料なのでホームセンターには売っていないし、価格も少し高いのは
仕方がないというか当たり前なのです。


ちょっとくたびれたカーボンフレームをSpray.Bike(スプレーバイク)
塗装したいと思います。

DSCF0191 (1).jpg

左:MARYLEBONE(ホワイトグレー)
右:GRAY'S INN(軍艦色のグレー)

メインにグレー、ロゴにホワイトグレーを使い、クリアで仕上げます。
こういう中間色があるのが、カスタムペイントに特化したスプレーらしいですね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: