<10月の休業日>                     (9月30日更新) 

 4日(水)、5日(木)、12日(木)、18日(水)、19日(木)、26日(木)
   11日は14時からの営業となります

  
<10月の予定>

 10/ 7(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 10/14(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 10/ 29(日)lotus day ロードバイクで走りに行きます  
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2017年09月17日
NEILPRYDE(ニールプライド)の2018年モデルが発表になりました。

np_logo_blue.jpg

DSCF3860.jpg

BURAのディスクブレーキ仕様のフレームが発売になりました。
エンドはフロントが100×12、リアが142×12のシマノE-thru対応という今のトレンドの
規格を採用しています。


DSCF3872.jpg

こちらはBURAより200g軽い、フレーム重量が720gのBURAslです。
BURAはキャリパーブレーキとディスクブレーキ仕様の2つがあり、フレッグシップ
モデルのBURAslと合わせて3種類のラインナップになります。
ちょっと写真じゃわかりにくいのですね。


DSCF3861.jpg

こちらはエアロロードのNAZAREです。
カーボンのグレードを上げて軽量なNAZAREslもあります。


DSCF3868.jpg

これも同じNAZAREですが、グレードによって一体ハンドルとコラムスペーサーの
形状が変わります。
写真は撮り忘れましたが、一番人気のZEPHYRもあります。
昨日もゼファーを検討中の方が来られましたが、選んで間違いのないモデルです。


NEILPRYDE(ニールプライド)は17年に大きくモデルチェンジをしたので
18年モデルはBURAdiscが追加になったぐらいで、大きな変更はありません。
価格も据え置きで、コストパフォーマンスの高さは相変わらずです。


現実的にカーボンフレームは行き着くとこまで行ってしまっているので
どこのメーカーも変えようがないんですね。『10g軽量になりました!』と
無駄なコストをかけるよりも、問題がなければ継続モデルにしてじっくり次期モデルを
考える方が賢いと思います。

走っているとNEILPRYDE(ニールプライド)を見かけるようになりました。
少しずつ知名度も上がっているようです。大メーカではないので大きくメディアに
露出する機会は少ないかもしれませんが、乗って間違いのないバイクですよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: