<1月の休業日>                     (12月29日更新) 

11日(木)、15日(月)、18日(木)、22日(月)、23日(火)、25日(木)、31日(水)
       28日(日)はlotus dayのため15時頃からの営業となります

  
<1月の予定>

   1/13(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 1/14(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 1/28(日)lotus day「ロードバイクで走りに行きます」
 

  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2018年01月08日
フロントバックは便利です。
最近はサドルバックの方が人気ですが、やはり目の前にバックがある方が
何かと安心できます。

大昔、30年以上昔はクロスバイクなどなく、その代わりはランドナーでした。
この頃はみんなフロントキャリアをつけて、フロントバックを付けて走ってました。

90年に入ってシマノのSTIレバーが発売になり、シフトワイヤーがビヨ〜ンと飛び出して
フロントバックが物理的に付けれなくなり、フロントバックは衰退していきましたが
ここ最近グラベルロード系の発達もあり、ロードバイクでもう少し荷物を運びたいという
要求が出てきて、フロントバックが少しずつ復活しつつあります。


DSCF4364.jpg

シンプルなナイロン製のフロントバックです。
吊り下げ式なので極端に重いものはNGですが、日帰りライドに必要な細々したものは
全て収納できるであろう大きさになっています。
バックの幅も狭目なので、シフト操作にも影響はありません。


DSCF4366.jpg

こういうブラケットをハンドルに取り付けます。
黄色いダイヤルを回すことで、バックの着脱が一瞬でできます。


DSCF4365.jpg

バックをハンドルに直接ベルト締めせずに、空間を開けてバックを付けるので
ハンドルのフラットな部分を無理なく持てます。こうでないと登りでこの部分を
持てなくて不便なのですが、こういうフロントバックは何故か多くはありません。
フロントバックを選ぶ上で、ここは一番見逃してはいけない部分ですよ!

2万円以上出せばもっとカッコのいいバックもありますが、さすがにちょっと敷居が高い。
このバックは6,000円ぐらいなのでお手軽です。内部には貴重品入れのポケットや
キーリングも付いていて、なかなか良くできています。
あえて欠点を粗探しすると、バックがシンプルすぎて少し華がないのでワッペンなどを貼ると
いい感じになるんじゃないでしょうか?
男よりも、何かと持ち物が多くなりがちな女性に人気があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: