<11月の休業日>                     (11月2日更新) 

6日(火)、8日(木)、12日(月)、15日(木)。22日(木)、29日(木)
       
  
<11月の予定>

 11/17(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 11/18(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 11/ ?(日)lotus day



  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2018年03月07日
パーツのグレードアップの費用対効果の話です。

デュアルコントロールレバーとは、ブレーキと変速レバーが一体化したパーツのことで
名前が長いので自分は単にレバーと呼んでます。現代のロードバイクになくてはならない
パーツです。ちょっと段数と価格を比べてみました。

デュラエース   11S  51,644円
アルテグラ   11S  32,989円
105     11S  22,372円
ティアグラ   10S  22,425円
ソラ       9S  20,621円
クラリス     8S  14,667円

こうして見比べると、105もソラも大して価格は変わりません。ということは
段数が違うだけで中身はほぼ同じと考えていいでしょう。
アルテグラやデュラはギアの軸にブッシュやベアリングが入っているので
操作感が軽く、ブラケットという手で握る部分も細くなっているので持ちやいのですが
その分だけ価格は上がります。が、手で直接持って操作する重要なパーツなので
使い比べると操作の軽さの違いは誰にでも体感できると思います。

バイクのパーツで費用対効果が大きい部分は「他と接する部分のパーツを変える」です。
バイクと人となら、手(ハンドル、グリップやバーテープ、シフトレバー)
お尻(サドル、レーサーパンツ)、足(ビンディングシューズやペダル)の3点で
バイクと路面とならホイールやタイヤですね。
こういう部分のグレードを上げると、誰にでも違いがわかるので満足度が上がります。


DSCF4372.jpg

今手がけているバイクはパーツを105で組んでいますが、レバーだけはアルテグラで
組んでいます。このバイクのオーナーは女性です。握力の関係か、女性の方は
独特のレバー操作が苦手な人がほとんどです。なので少しでも操作が楽になるように
少し金額は上がりますが、レバーだけアルテグラにグレードを上げています。
ここをケチるとせっかくの投資が生きてこないですからね。


DSCF4370.jpg

ハンドルはディズナのショートリーチです。見ての通りハンドルのRがコンパクトで
すごく持ちやすくなります。自分も使っていますが、小柄な人にぜひ使ってみて欲しい
逸品のハンドルです。

何事にも決まりはないけど、何か言ってくれれば適切なアドバイスができます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: