<10月の休業日>                     (10月1日更新) 

4日(木)、11日(木)、18日(木)、22日(月)、25日(木)、26日(金)
       
  
<10月の予定>

 10/13(土)lotus school「メンテナンス〜掃除・注油編」
 10/14(日)lotus school「メンテナンス〜パンク修理編」
 10/ ?(日)lotus day



  *こんなお店です*   *lotus dayについて*   *lotus schoolについて*

            

            

          

お店の場所や連絡先は「このページの一番下」か、左の「カテゴリー」の「お店について」をご覧ください
皆様のお越しをお待ちしております

2018年07月27日
残念ながら29日のlotus dayは中止にします

よって通常通り営業となるので、皆様のお越しをお待ちしております。

予測より台風の曲がるタイミングがどんどん早くなって、台風は発達しながら
近畿地方から四国あたりに上陸して、西に進みそうです。
日曜日は天気が回復するかもしれませんが、土曜はそこそこ?雨が降りそうですし
天気が回復しても路面がウエットなので、lotus dayは泣く泣く中止にします。
すごく走りたかったんですが・・・


さて、路面がウエットだとマウンテンバイクで山を走らない理由は知ってますか?

・山で雨が降ると、雨水は路面に染み込みながら下へ流れ下ります。
・雨水が染み込んだ柔らかい路面をマウンテンで走ると、タイヤが通った部分の
 路面がへこみます。            
・そのまま路面が乾くと、へこんだ部分は「溝」のように路面に残ります。
・次に雨が降ると、雨水は少しでも低くて流れやすい「溝」にどんどん集まって
 そこを流れる雨水は「溝」の底をV字に削りながら山を流れ下ります。
 こうなると雨が降るたびに、山の侵食はどんどん進んでいきます。

山全体に雨水が染み込むといいのですが、こうして雨水が一箇所に集まることは
トレイルの崩壊や最悪は斜面の崩壊へつながりかねません。メンテすればいいのだけど
現実的には難しいものがあるので、「あとで直すのなら壊さない」の考えで
ウエットな路面は走らないのがルールです。


「登山者は歩くからローインパクトだろう」と思うかもしれませんが、グチャグチャに
なったぬかるみを避けて、トレイルから外れて歩いたことはありませんか?
自分ならシューズが汚れるからぬかるみを避けて歩きますよ。でもそうすることで
路肩などを削って表土が流れて「今の安定した状態」が簡単に崩れてしまいます。

登山道がV字に削れていたり、林道で自動車のタイヤが通る部分だけがW字に
削れているのを見たことがあると思います。自然に削れていくのは仕方がありませんが
ハイカーなども含めて山に入る人は、自分の遊び場を守るためにも気をつけてほしいです。
「1人ぐらいいいだろう」というのはダメですよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: